MENU

オリックス銀行カードローンの審査に通す方法

オリックス銀行カードローンの審査に通すために情報をまとめたページとなっています。
オリックス銀行カードローンは非常に人気のある銀行系カードローンでお金を借りようと思った時にまず名前の上がるカードローン会社であることは間違いないと思います。確実にお金を借りるために審査のポイントを抑えましょう!

 

オリックス銀行カードローンの保証会社

 

オリックス銀行カードローンは低金利と値段の高い限度額でまとまった金額を借りたい方から絶大な人気を受けています。インターネットで申し込み来店不要の契約方法というかなり便利なカードローン会社なのです。担保や保証人についてなんですが、保証会社の保証を受ける契約なので不必要です。自宅や外出先のPCやスマホからいつでもどこでも保証を受けることができるので、かなり便利なのです。

 

保証会社の保証と効くと、ちょっと難易度が高い気がするかもしれません。
ですが、利用者側は特に何かを準備したりする必要はないので、実はかなり楽なんですね。

 

オリックス銀行カードローンを申し込みますと、親会社であるオリックス・クレジットカード株式会社から審査が行われそこで審査に通れば無事お金を借りることが出来るんですね。こういった感じで特に難しく考える必要はありません。必要箇所をしっかりと埋めてお金を借りる準備をしましょう!!

 

オリックス銀行カードローンでお金を借りるメリット

オリックス銀行カードローンがなぜ人気なのか、あなたはご存知でしたか?
好条件でお金を借りれるオリックス銀行カードローンでは低金利&高い限度額というメリットだけではありません。他にも色々あるので、なぜオリックスで借りるのか知っておきましょう!

 

300万円まで所得証明が必要ない!

 

オリックス銀行カードローンでは300万円まで収入証明が不要です!これってかなり嬉しくないですか?多くの場合300万という金額を一括で借りる機会というのはそうそうないと思うので、まとまった金額を借りる時でも凄い便利ですよね。ちなみに消費者金融だと50万円以上から収入証明が必要になります。手軽に借りれるところもオリックス銀行カードローンが人気な理由の一つではないでしょうか。

 

おまとめ目的でもお金を借りれる!

 

金利の問題で他のカードローン会社や消費者金融からお金を借りようとした時、オリックス銀行カードローンに一本化するためおまとめでお金を借りることもできるのです。他の会社から少額をつまんで返済するよりもまとめてしまったほうが返す合計金額も安いんですね。

 

ATM手数料がいつでも無料!

全国の提携ATMがいつでも無料です。週末でも夜間でもATMが動いていれば無料で使うことができます。用途は借入や返済がメインになると思いますが、その際に手数料をとられるのってアホくさいですよね。しっかりお客さんのことを考えているカードローンんだなと思います。

 

 

オリックス銀行カードローンの審査時間

銀行系のカードローンの審査って時間がかかるイメージないですか?
銀行系だと審査をしっかりやるから時間がかかるんじゃないか、そういった質問が寄せられることが多いので、しっかりお応えさせて頂きます。まず、オリックス銀行カードローンでは最短即日審査で対応しているので、「申し込んでみたいけど時間がかかるかもなぁ」と考えている方でもすぐにお金を借りることができます。

 

先述の通り、ネットで申し込みする場合はわざわざ書類を持ち込んで店舗にいったり面倒な口座開設手続きはありませんので、そのまま契約することができて非常に便利なのです。オリックス銀行のカードローンの審査は銀行系にも関わらず時間がかからないんですね。

 

銀行カードローンにありがちなんですが、年収の制限も特にないので、安定した収入を得ている方であれば、申し込みはすぐに可能となっています。フリーターでも主婦でも安定していればお金が借りれるのがオリックス銀行のカードローンなのです。手間がかからないので、カードローンの審査はネットで来店不要の手続きにて進めることをオススメします。

 

 

オリックス銀行カードローンで審査が通らない方のポイント

 

オリックス銀行カードローンは形式上銀行からの借入という扱いになりますので、所得が不安定な方や多重債務を受けている方、返済が遅れている方などブラックの方は審査に落ちる可能性はもちろんあります。銀行だってトラブルがある方にお金を貸したくはないですよね。通る見込みが少ないのであれば、審査は受けない方がいいです。なぜなら審査に落ちたという情報は残るのでオリックス銀行カードローンの審査は受けない方がいいですね。以下では該当しそうな方をポイントでわかりやすく説明しました。

 

所得がない方

 

無職や専業主婦の方はオリックス銀行カードローンだけではなく所得がないので、申し込み条件をみたすことができません。基本的にお金を借りるには収入が必要なのです。だって、無職の方が借りても返せないと思いますし。

 

複数社からの借入が多すぎる方

 

まず、銀行は総量規制の対象外ですが、多くの借入があっても審査に通るわけではありません。金融のトラブルを起こす可能性がある方に多くのお金を貸すことはできないというのはご存知だと思います。

 

信用情報にマイナスなイメージがある方

 

返済が遅れている方や他で借金をしている方、複数社からお金を借りようとして審査に落ちてしまった方はやはり審査に落ちる傾向にあります。


カードローンの豆知識〜オリックス銀行カードローンでお金を借りるために〜

カード情報

 

毎日何気なくカードを使っているかも知れませんが、カード読取り機の向こうで動いているのはお金だけではありません
利用者、つまりあなたの個人情報です。
何時・誰が・どこで・どのカードで・幾ら利用し、返済は何時・どの口座から・約束通りに返済されたかされなかったか等など、金額以外にも様々な情報が動いているのです。
そしてその「誰が」の中には利用者の住所・氏名・生年月日・家族構成・勤務先・年収・過去のカード利用履歴等の個人情報も付随しています。
これは凄い事です。カードを利用している人はあなた一人ではありません。この瞬間にも何万人何十万人それ以上の人が利用しているカード情報・個人情報が飛びかっているのです。
カードローンを扱っている銀行や消費者金融が持っている何台ものスーパーコンピューターが昼夜フル活動している訳です。

 

サラ金問題

 

少し前にサラ金というのがありました。
審査基準は低く、その分金利は法的なグレーゾーンもあり、かなり高めとなっていました。
その結果、借金に借金を重ねる多重債務が多発し、返済できなくなる人が多くなるという社会問題となったのです。
その後法整備も進み、今では上限金利は明確になりましたが、多重債務の問題は各金融機関をまたがる問題であることから、金融機関同士が垣根を超えて協力しあう必要がありました。
ただ、カード情報は取引や個人情報を含む非常にデリケートな情報であり、各社が簡単に情報交換する訳にはいきません。
また、各々はライバル会社なので、幾ら利用者保護とは言え、自社の顧客データを各社で共有するというのはこれも簡単には出来ない相談です。。
多重債務を防ぐためには各社で個人の利用情報を共有しなくてはいけない、但しお互いライバル会社なので単純に情報共有は出来ない、という矛盾を解決する方法が考えられました。
それが第三者による情報共有機関の設立です。これが信用情報機関と呼ばれているものです。

 

信用情報機関の仕組み

 

ビル

つまり、信用情報機関は銀行や消費者金融等の各金融機関から独立した第三者機関で、いわば中立の立場でカード利用状況や個人情報を管理するセンターです。
 
ある人(仮にAさん)がいろいろなカードローンを持っていて利用している場合、各カードローン会社はAさんが利用している自社のカードローン状況は分かりますが、Aさんが他のカードローンで幾ら借りているかまでは分かりません。
そうなるとそのカードローン会社はAさんに融資しても大丈夫か、他での利用が大きくて返済が難しい状況にあるのではないかどうかの判断が出来ないわけです。
そんな時、カードローン会社は第三者機関である信用情報機関に問い合わせることで、Aさんが自社や他社で借りている融資総額やちゃんと返済しているかどうか、返済能力はあるかどうか等を知る事が出来るのです。
信用情報機関はカードローン会社にAさんの情報は提供しますが、他社のカードローン会社の情報までは提供しませんので、安心して信用情報機関を活用することが出来ます。
恐らくですが、各カードローン会社は申請時に入手した個人情報やその人のカードローン利用状況・返済情報等をお互いに信用情報機関に提供し合うことで、例えばAさんの総合的一元的な情報を共有し合うことも出来るのです。

 

信用情報機関

信用情報機関は1つだけではなく、3つあります。

 

1.全国銀行個人信用情報センター(KSC):http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/
 加盟会員は、銀行・政府関係金融機関・信用保証協会・クレジットカード会社・保証会社など。
 平成26年9月30日現在の会員数253社。

 

2.株式会社 シー・アイ・シー(CIC):http://www.cic.co.jp/
 加盟会員は、信販会社・百貨店・専門店会・流通系クレジット会社・銀行系クレジットカード会社・家電メーカー系クレジット会社・自動車メーカー系クレジット会社・リース会社・保険会社・保証会社・銀行・農協・労働金庫・消費者金融会社・携帯電話会社 など。
 平成27年1月20日時点の総加盟会員数977社。

 

3.株式会社日本信用情報機構(JICC):http://www.jicc.co.jp/
 加盟会員は、信販会社、消費者金融会社、流通系・銀行系・メーカー系カード会社、金融機関、保証会社、リース会社など。
 平成27年1月末現在の加盟総会員数1,438社

 

 

ブラックリスト

所謂ブラックリストというものは実はありません
カードローンの利用状況のひとつとして、返済遅延などの記録も残っていますが、この部分をブラックリストと呼んでいるだけです。
これら個人の返済遅延や総融資額等の情報も、信用情報機関を通して各金融機関が情報共有しているのです。