MENU

返済しないとどうなるの?

返済

 

カードローンの返済方法は、指定口座にからの引き落としか、契約している銀行やコンビニからの提携ATMへの入金が一般的です。
当然、口座に残金が無かったり提携ATMに入金しなかったら、返済不履行になります。
うっかり忘れていたこともあるかも知れませんが、カードローン会社から見れば、単に返済不履行が発生したとして、規定の処理を行う事になります。
私も、実は何度かあります。確かハガキが来ました。内容が見えないようになっている、あの剥がして開くタイプのハガキです。
指定の日にちに残高不足で返済処理出来ませんでした。いついつまでにその金額を口座に入金しておいてください、といった内容だったと思います。
一応指定の連絡先に電話しました。期限までに口座に入金していれば毎日2回位だったか、口座の金額を確認しているので返済額を確認するとすぐに返済処理をします、というような会話をしたと思います。
幸い、別の口座にあったお金をその口座に移動して何度か事無くを得ています。
今思えば、そういったことが2-3回はあったと思うので、今でも軽いブラックリストには載っているのかも知れません。

 

返済猶予

 

私自身の例を、古い記憶で申し訳ありませんが紹介させて頂きました。
幸いな事に、今のところそこから先、つまり確認のハガキが来ても更に返済不履行となった(なってしまった)ことはありません。
私の場合もそうですが、返済不履行と言ってもわざとそうしたわけではなく、うっかりしていて気付かなかった場合もあります。

はがき

そんな場合は特に何かに、例えばカードローンが使えなくなったとか、カードでの支払いに制限を受けたとかはありませんので、確認のハガキが来ても直ぐに対応すれば多分問題無いのでしょう。
 
もし、利用者が返済期限前に残金不足に気が付いて、今回の返済が難しいと思ったらどうすればいいのでしょうか。

 

それは、カードローン会社にその旨を連絡をすることです。
事前に連絡しておけば、返済日を過ぎても確認のハガキが来るようなこともありません。ただ、今回の返済も多少は待ってくれるだけで、実際にはその返済予定の話になるはずです。
今は残高不足でも数日後が給料日なので、そこで支払いします、などの約束をする必要があるのです。さすがに何の約束もなく支払猶予はもらえません。
それでも、カードローン会社も一般の企業ですので、多少の配慮はしてくれるということです。
仮に、もし一日でも返済期限を過ぎたら理由を問わずにペナルティがあるとなると、利用者ももうそのカードローンを使うのは止めよう、となってしまいますよね。別の優しい?カードローン会社にしよう、となる訳です。
そうなることはカードローン会社も避けたいところだと思いますので、サービスの一環として多少の配慮があるのだと思います。

 

返済しないとどうなるか

 

幾つかのカードローン会社のホームページを見てみましたが、返済しないとどうなるか、ということに関しては特に触れてはいないようです。わざとその話題には避けているいるような感じがあります。
でも、実際に利用する人にとってはそこは知りたいところですよね。ついうっかり忘れてしまうこともあれば、何かの理由で返済出来ない状況になってしまうことがあるかも知れません。

 

そこで、万一返済不履行が続いた場合にどうなるか調べてみました。
大体どのカードローンも対応は同じようです。
・利用者側の理由に関わらず返済期日を過ぎても返済が確認出来なかった場合、まずカードローン会社は利用者にハガキで通知をします。
・一般的に、一週間程度の支払い遅延は余り問題視はしないようです。実はこれくらいの遅延発生数は非常に多く、カードローン会社もその対応は大変だという話も聞きます。
・事前に返済が出来そうにないと気付いた場合、その旨を連絡すると返済日の変更を受け付けてくれます。
・事前連絡でもハガキの後でも返済しなかった場合、契約にある「返済遅延金」が掛けられることになります
 つまりそれ以降での返済は、最初に契約した返済金では無く、「返済遅延金」分が追加された返済額を返さなくてはいけなくなります。
・2-3ヵ月間返済不履行が続くとカードローン会社の担当者からの電話連絡が来るようになります。場合によって自宅訪問を受けることがあるようです。
 この段階でも、返済方法について相談に乗ってくれます。例えば、利息分だけでも入金をしてその後また返済を続けるという対策案もあるようです。
・滞納したまま3ヶ月程度たつと、所謂ブラックリストに載り、カードが強制解約されるだけでなく、カードローン会社が滞納者に対して訴訟を起こします。
 裁判所から支払督促状、資産の差し押さえそして自己破産への道が待っているのです。ここに来る前に何らかの手で返済を進めておきたいものです。